スマホでブレない写真を撮るには?

手ブレをしない工夫をするとよいでしょう。動きのあるものを撮るときは手元が不安定になりやすくシャッターを切る動作だけでもうまくいきません。その場合はスマホケースを手帳型にして開いて持つとしっかりと支えることができます。また、写したい瞬間に手を離すことも重要です。スマホのカメラはタップした瞬間ではなく、指が離れた時にシャッターが切れるようになっています。その他、被写体と同じ動きをすることもブレを軽減させます。カメラを固定してしまうと、被写体だけブレてしまったという事態になりやすいからです。忘れがちですが、脇をしめることも写真を撮るときは確認しましょう。動きのあるものを撮るときは手ブレ対策が有効です。

ピンボケさせないようにするには?

ピンボケする原因を取り除きましょう。ピンボケは写真を撮る側に原因があるパターンがほとんどです。具体的な対策は、いきなり撮影するのではなく被写体をタップしてピントを合わせてから撮影しましょう。被写体に動きがあると忘れがちになります。また、シャッタースピードを変えることも有効です。シャッタースピードより速く動いているものを撮るとボケます。なのでシャッタースピードを、手を振るぐらいのスピードなら1/100、それより速い動きのあるものは1/1000ぐらいに調節するとボケるのを防ぐことができます。その他、レンズに汚れがついているとピントが合わなくなります。ピンボケのほとんどはスマホの操作で解決できるので、写真を撮る前に確認するとよいでしょう。